ツール案内 | 町田市 税理士 新星パートナーズ会計事務所

ツール案内

当事務所が利用している会計システム、ビデオ通話システム等のツールを紹介します。

会計システム

当事務所では、PCインストール型の会計システムとして「弥生会計」、クラウド型の会計システムとして、「MFクラウド会計」を初め、「クラウド会計ソフトCrew」、「クラウド会計ソフトfreee」、「弥生会計オンライン」を推奨し、導入支援・サポートを実施しております。その他、勘定奉行、会計王、FX2にもお客様の要望により対応しております。

弥生会計

「初めてでも、かんたん、やさしい」が売りの会計ソフトです。会計の知識・経験がない方でも、操作しやすいソフトです。当事務所でも、会計の知識・経験が全くないお客様への導入支援を数多く実施し、多くのお客様に継続してご利用いただいています。

→「弥生会計」のホームページを見る

クラウド会計

クラウド会計では、会計の知識・経験がない方でも、より操作しやすいような工夫が充実しています。

また、銀行等の明細入手が洗練されており、PCへのインストールが不要で、MACやタブレットからも入力・閲覧可能、お客様と当事務所と間のリアルタイムでの情報共有が可能となります。

お客様でもインターネットに接続した端末であれば、ご自宅でも、オフィスでも、複数店舗・拠点からも、会計データ・業績データの入力・閲覧が可能になります。

→「クラウド会計」のさらに詳しい情報を見る

インターネット会議システム

当事務所ではスカイプを利用し、ビデオ通話によりインターネット会議を実施っしています。

スカイプ

スカイプ(Skype)とは、マイクロソフト社が提供する、インスタントメッセージ、音声通話、ビデオ通話等が利用できるインタネット電話サービスです。スカイプの利用により音声通話・ビデオ通話が無料でと利用できます。ビデオ通話に加え通話者間のコンピューター画面の共有も可能で、実際にお会いしているの近い状態でインターネット会議が実施できます。

→「スカイプを利用したインターネット会議」のさらに詳しい情報を見る

業務データの管理

当事務所では業務データを各コンピュータではなく、NAS 【Network Attached Storage】(ネットワーク接続ストレージ)で一括管理しています。本NASでは、RAID 1(ミラーリング)によるデータ保護に加え、暗号化ボリューム機能を利用し、仮に盗難等にあった場合でもデータ漏洩がないよう運用しています。またミラーリングに加え、定期的なバックアップにより震災等でもデータが失われないよう管理しています。

ペーバレス化、電子申告、大型モニター・デュアルモニター利用の推進

当事務所ではペーパレスを推進し、紙媒体を文書管理ソフトのドキュワークスで電子データに置き換えています。また、ペーバレス化を進めるために電子申告を積極的に推進しています(電子申告率は90%を超えています)。さらに、ペーパレス化と業務の効率化のためにノートPCは大型モニターに接続し、デスクトップPCではデュアルモニターを活用しています。


問い合せフォーム用画像

経営支援認定アドバイザー